発光性物質を評価するための
VUVスペクトロメーターと
ストリークカメラシステムの開発

CLEO(The Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics/レーザ・エレクトロオプティクス環太平洋会議)及びJJAP(Japanese Journal of Applied Physics)にて、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの猿倉信彦教授が発表された論文です。超高真空技術及び光学技術の分野におけるさらなる発展のため、微力ながら当社も協力させていただきました。この論文の発表を受け、「光」を用いた現代技術の最先端を走り続ける当社も、さらなる技術向上へとつなげていきたいと考えております。

▼ 画像を押すと拡大されます。

軟X線スペクトル領域における
1〜10nmの高荷電イオンプラズマ発光の
ためのフラットフィールド斜入射分光計の評価

▼ 画像を押すと拡大されます。

シンチレーション現象の評価を
志向したパルスX線ストリークカメラの開発

▼ 画像を押すと拡大されます。

このページをご覧の方は、以下のページにも興味を持たれています。