真空紫外瀬谷波岡型分光器

真空紫外瀬谷波岡型分光器
形式 VMK-200-UHV型

VMK-200-UHV型分光器は波長を50~300nmまで測定できるように設計された小型で軽量な真空紫外分光器です。

2400gr/mmの回折格子を搭載し、高分解能で分光することが出来ます。

本分光器の波長はメカニカルカウンターで表示され、駆動はマニュアルになります。

 

【特徴】

◎収差の少ない凹面ホログラフィック回折格子搭載

◎F/4.5と明るい光学系

◎パルスモーターにより波長スキャン可能

このページをご覧の方は、以下のページにも興味を持たれています。