平面結像型斜入射分光器

平面結像型斜入射分光器
形式 XUV660型

回折格子:1200本/mm、波長範囲:5~20nm、波長分散:0.17~0.31nm/mm

 スペクトル結像面が平面である平面結像型斜入射分光器で、斜入射分光器XUV235-Ⅲ型(1200本/mm)に比べ、高分散、高分解能型でより分解能が必要な場合に最適です。検出器はMCP、CCDはもちろん使用できますが、回折格子からスペクトル焦点面までの距離があるので、ストリークカメラが使用できます。

オプションでCCDカメラなどの検出器、排気系もご相談ください。

このページをご覧の方は、以下のページにも興味を持たれています。