真空紫外瀬谷波岡型分光器  製品案内 真空光学株式会社

製品案内

詳細PDF

真空紫外瀬谷波岡型分光器

真空紫外瀬谷波岡型分光器

sample sample

型式:VMK-200―況

回折格子:1200本/mm、波長範囲:100〜300nm、波長分散:〜4nm/mm
曲率半径20cmのホログラフィック回折格子を用い、非点収差の少ない、簡便なモノクロメーターです。波長はカウンターに表示されます。

 

お問い合わせはこちらから

説明この分光装置は、焦点距離が約20cmで、波長範囲を100〜300ナノメーター(波長駆動範囲は0〜600ナノメーター)まで測定できるよう設計された小型で軽量の真空紫外分光器です。
回折格子は、コンケーブ・ホログラフィック・回折格子を使用しており、分光光学系は、瀬谷・波岡型に似ていて、入出射角(α+β)は64°で、回折格子の単純回転で波長スキャンが行われています。
本装置の波長は、sin方式で、メカニカルカウンターで表示され、波長ドライブはマニュアル駆動です。又、ステッピングモーターを使用できますので1パルス毎に送ることもできます。回転部は磁気シールを使用していますので真空洩れを極力抑えております。また、真空槽はステンレス製、ベースはアルミ製で軽量かつコンパクトに製作されています。
仕様1) 回折格子・・・・ホログラフィック 1200本/mmコンケーブ型 Al+MgF2 コーティング
2) スリット・・・・入出射0〜3mm連続可変
3) G回転・・・・磁気シール軸受仕様
4) スキャン・・・・サインバー方式
5) 波長範囲・・・・100〜300nm
6) 分解能・・・・〜2Å
7) 分散度・・・・約40Å/mm
8) アパーチャーレシオ・・・・F4.5
9) フォーカルレングス・・・・約20cm
10) 入出射角(α+β)・・・・64°
11) 排気口・・・・ICF114コンフラットフランジ
12) 最小真空洩れ検出・・・・5×10−7 Pam3/sec以下
13) 重量約30Kg

オプション:ステッピングモータードライバー、ステッピングモーターコントローラー、ホトマルホルダー

また、本製品は製品改良のため一部変更する場合があります。

スペクトル測定データ等は詳細PDFを御覧ください
PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

商品一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る

真空光学株式会社 〒146-0092 東京都大田区下丸子2-18-18 TEL03-3756-7082 FAX03-3756-7036

アクセスマップ お問い合わせはこちらから